民王 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

民王 あらすじ 3話

民王 あらすじ 3話

“入れ替わり系”政治エンターテインメントで遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演!!

「民王」いよいよ7月24日(金)放送スタートしました。

物語はどんな展開を迎えるのか・・・

8月14日(金)は3話目の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

民王 あらすじ 3話は下記の内容とないます。

武藤泰山(遠藤憲一)と翔(菅田将暉)の入れ替わり事件には世界最先端の科学技術兵器が使用されている、との情報が公安からもたらされた。

防衛省の技術本部で検査を行なった結果、体内に脳波を操作するためのチップが埋め込まれている可能性が浮上。泰山も翔も、一週間ほど前に同一の歯科で親知らずを抜いていたことが判明する!

さっそく件の『丸山田歯科』の実態を調査するも、既にその歯科は存在せず、丸山田院長の自宅ももぬけの殻になっていた。

同時期に丸山田の莫大な借金が返済されていることを知った一同は、何らかの巨大な組織が裏で糸を引いていると考え・・・?

そんな中、泰山(中身は翔)にテレビの人気討論番組への出演依頼が舞い込む。

討論相手が憲民党の蔵本志郎(草刈正雄)だと聞いた泰山は、この一連の入れ替わり事件を仕組んだ黒幕は蔵本なのではないかと推測。

泰山と翔が入れ替わっている隙に、公共の電波を使って泰山を論破し、政権奪取を目論んでいるのでは…と考えたのだ。
 まんまと蔵本の罠にかかったフリをして、一泡吹かせてやろうと画策する“チーム泰山”は、南真衣(本仮屋ユイカ)の協力も得て、討論に挑むが・・・?

一方、翔(中身は泰山)は単位取得のため大学へ。

そこで村野エリカ(知英)と会った翔は、その夜に開催されるエリカの誕生日パーティーに招待される。

エリカの美しさにヤられた翔はウキウキでパーティーへ。だが、そこで衝撃の事実を知ることになる・・・!

以上が、民王 あらすじ 3話の紹介でした。

「民王」の放送はテレビ朝日系にて、毎週金曜23:15〜24:15です。

菅田将暉さん、ファンの方はお見逃しなく!!


民王 あらすじ

民王 あらすじ

“入れ替わり系”政治エンターテインメントで遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演!!

「民王」いよいよ7月24日(金)放送スタートです。

気になるあらすじの紹介です。

民王 あらすじは下記の内容とないます。

地位と権力にしか興味がなく、家庭も顧みずに所属政党のドンの力を借りて内閣総理大臣となった武藤泰山(遠藤憲一)。

泰山の息子・翔(菅田将暉)は、そんな父に嫌気が差し、自宅に寄り付かなくなっていた。

しかし、ひょんなことから泰山と翔の心と体が入れ替わり、やむなく泰山として国会に出ることになった翔だが、ろくな勉強もせずに日々を過ごしていたために審議や質疑応答の内容が全く理解できず、漢字の読み間違えも連発してしまう。

一方、総理大臣でありながら大学生活を送ることになった泰山は、翔の代わりに就職活動をする羽目になるが、圧倒的な知識と弁論力で、偉そうな面接官を次々と論破していく。

以上が、民王 あらすじ 1話の紹介でした。

「民王」の放送はテレビ朝日系にて、毎週金曜23:15〜24:15です。

菅田将暉さん、ファンの方はお見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。