リスクの神様 あらすじ 最終回 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

リスクの神様 あらすじ 最終回

リスクの神様 あらすじ 最終回

堤真一が伝説の危機管理専門家に! 

絶体絶命の企業や人を救う社会派ドラマ!!

「リスクの神様」9月16日(水)は最終回の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

リスクの神様 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

社長・坂手(吉田鋼太郎)の解任動議が可決され、専務の白川(小日向文世)が新社長に就任することに。

かおり(戸田恵梨香)は、新体制を誕生させた西行寺(堤真一)の真意が分からない。

西行寺は白川の意向だと言って「危機対策室」の解散を伝え、さらに自身は社長室長の座に就く。

その目的が、父親・関口(田中泯)を見捨てた会社への復讐だと確信したかおりは、真相に近づこうと独自に調査を始める。

一方、西行寺はある契約書を入手していた。

以上が、リスクの神様 あらすじ 最終回の紹介でした。

「リスクの神様」の放送はフジテレビ系にて、毎週水曜22:00〜22:54です。

堤真一さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。