花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」9月16日(水)は最終回の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回は下記の内容となります。

大手建設会社・蔵中建設が倒産し、東京第一銀行が騒然とする中、舞(杏)と相馬(上川隆也)は、堂島専務(石橋凌)に呼び出される。

蔵中建設の社員から「裏金一億円が東京第一銀行に賄賂として流れている」という告発のメールが届いたのだ。

これが事実なら、銀行全体を揺るがす大きな不祥事。堂島は、秘密裏に真相を確かめるよう舞と相馬に命じる。

メールの送り主は、蔵中建設で総務部長を務めていた西崎(近江谷太朗)だった。

西崎は隠し持ってきた蔵中建設の裏帳簿を舞と相馬に見せる。

そこには、白水銀行の「真藤毅」名義の口座に一億円を振り込んだことが記されていた。

賄賂を受け取っていたのは真藤常務(生瀬勝久)。衝撃の事実に舞の心が揺れる。

果たして、事件の真相は? 東京第一銀行最大の危機に、舞と相馬が立ち向かう・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の最終回の放送は22時00分〜23時10分までの拡大スペシャルです。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。