花咲舞が黙ってない あらすじ 9話 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない あらすじ 9話

花咲舞が黙ってない あらすじ 9話

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」9月2日(水)は9話目の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 9話は下記の内容となります。

三鷹支店で一千万円の手形が紛失する事件が発生する。

舞(杏)と相馬(上川隆也)が駆けつけると、支店内では行員総出で手形を探していて、支店長・野口(佐戸井けん太)がいらだっていた。

手形をなくした融資課の堀田真吾(和田正人)によると、カワバタ機械で手形を預かった後まっすぐ支店に帰ったが、すぐに処理せず別の業務をこなしていて、気づいた時には集金袋の中の手形がなくなっていたという。支店内のどこで落としてもおかしくない状況だった。

舞は、偶然再会したテラー時代の先輩・西原香澄(中村ゆり)らと共に、シュレッダーの紙片まで調べるが、結局、手形は見つからなかった。

翌日、舞たちはカワバタ機械を訪れ、社長から話を聞く。

すると、堀田がカワバタ機械を出てから支店に戻る間に、空白の一時間があることが判明する・・・。

空白の一時間に何があったのか? 

手形はなぜ紛失したのか? 

事件の裏には驚きの事実が隠されていた・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 9話の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の放送は日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00です。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。