花咲舞が黙ってない あらすじ 6話 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない あらすじ 6話

花咲舞が黙ってない あらすじ 6話

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」8月12日(水)は6話目の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 6話は下記の内容となります。

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、検査部の与信検査への応援を命じられる。

与信検査とは、支店の融資が正しくなされているかを本部がチェックする業務のこと。

検査を指揮する検査部主任・氷室(東幹久)は“支店荒らし”と噂されるほど厳しく高圧的な人物で、融資に詳しくない舞は、会うなり素人呼ばわりされ、「足を引っ張らないでくれ」と言われてしまう。

舞たちが訪れたのは、真藤(生瀬勝久)派閥の田山(石橋保)が支店長を務める深川支店。

氷室の指導は噂通り厳しく、融資課長の北村(土屋裕一)、舞と同期の融資課員・江藤(笠原秀幸)が、早速標的になってしまう。

舞は、そんな氷室の態度に嫌悪感を覚える。

一方、相馬は氷室の動向から目を離さずにいた。

実は「氷室が支店の行員の弱みを握って脅し、金銭を要求している」という内部告発があり、今回の応援は、それが事実かどうかを探るためのものだった・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 6話の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の放送は日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00です。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。