花咲舞が黙ってない あらすじ 4話 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない あらすじ 4話

花咲舞が黙ってない あらすじ 4話

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」7月29日(水)は4話目の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 4話は下記の内容となります。

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、町田支店で起こった女性行員のストーカー被害の調査を命じられる。

融資課の前原美樹(中越典子)は、3カ月前から、無言電話、つきまとい、住居侵入などのストーカー行為に悩まされていた。

犯人が同僚の行員である可能性があり、警察には届けず、舞たちが内密に調査をすることになる。

だが、融資課の男性行員たちを調べても怪しい人物を特定することはできず、支店長・春日(山田純大)と融資課長・小見山(渡辺いっけい)は「思い過ごしだ」と、事態を終息させようとする。

舞と相馬は、ストーカー犯を捕まえるため、美樹の帰宅ルートに張り込むことに。

そして二人の前に、美樹のあとをつける不振な男の姿が現れる・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 4話の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の放送は日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00です。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。