花咲舞が黙ってない あらすじ 2話 - 2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない あらすじ 2話

花咲舞が黙ってない あらすじ 2話

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」いよいよ7月15日(水)は2話目の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 2話は下記の内容となります。

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、真藤(生瀬勝久)派閥の中北(金田明夫)が支店長を務める五反田支店の臨店へ向かう。

そこで出会ったのは、相馬のかつての部下で融資課の松木(成宮寛貴)。

松木は、担当するスーパー「あづみ屋ストア」への融資1億円を、中北から突然回収しろと指示され、悩んでいた。

小さなスーパーを救おうとする松木の思いに動かされ、突然の融資回収の真相を調べ始める舞と相馬。

そこには、銀行員として決して許されない不正が潜んでいた・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 2話の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の放送は日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00です。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。