2015 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

花咲舞が黙ってない 今夜の見どころ 最終回

花咲舞が黙ってない 今夜の見どころ 最終回

昨年4月期に放送して好評を博した連続ドラマの待望の続編。

「花咲舞が黙ってない」今夜は最終回の放送となります。

物語はどんな展開となることやら・・・

花咲舞が黙ってない 今夜の見どころは下記の内容となります。

舞(杏)は相馬(上川隆也)と、頭取・芹澤(村井國夫)の妻の個展の手伝いに駆り出され、真藤(生瀬勝久)の妻・嘉子(大島さと子)に声を掛けられる。

一方、倒産した建設会社の裏金の一部の1億円が、東京第一銀行に賄賂として流れているとの密告メールが届き、舞たちは専務の堂島(石橋凌)から極秘調査を命じられた。

2人は発信者に接触し、追加融資の便宜を図る見返りとして、5年前に1億円を受け取ったのが真藤だと知る。

以上が、花咲舞が黙ってない 今夜の見どころ 最終回の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の放送は日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00です。

※最終回の放送は10分拡大スペシャルとなります。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!


リスクの神様 あらすじ 最終回

リスクの神様 あらすじ 最終回

堤真一が伝説の危機管理専門家に! 

絶体絶命の企業や人を救う社会派ドラマ!!

「リスクの神様」9月16日(水)は最終回の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

リスクの神様 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

社長・坂手(吉田鋼太郎)の解任動議が可決され、専務の白川(小日向文世)が新社長に就任することに。

かおり(戸田恵梨香)は、新体制を誕生させた西行寺(堤真一)の真意が分からない。

西行寺は白川の意向だと言って「危機対策室」の解散を伝え、さらに自身は社長室長の座に就く。

その目的が、父親・関口(田中泯)を見捨てた会社への復讐だと確信したかおりは、真相に近づこうと独自に調査を始める。

一方、西行寺はある契約書を入手していた。

以上が、リスクの神様 あらすじ 最終回の紹介でした。

「リスクの神様」の放送はフジテレビ系にて、毎週水曜22:00〜22:54です。

堤真一さんファンの方はお見逃しなく!!

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回

メガバンクが舞台の人気作、待望の続編! 

痛快さはそのままに、舞に恋の展開も!?

「花咲舞が黙ってない」9月16日(水)は最終回の放送となります。

気になるあらすじの紹介です。

花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回は下記の内容となります。

大手建設会社・蔵中建設が倒産し、東京第一銀行が騒然とする中、舞(杏)と相馬(上川隆也)は、堂島専務(石橋凌)に呼び出される。

蔵中建設の社員から「裏金一億円が東京第一銀行に賄賂として流れている」という告発のメールが届いたのだ。

これが事実なら、銀行全体を揺るがす大きな不祥事。堂島は、秘密裏に真相を確かめるよう舞と相馬に命じる。

メールの送り主は、蔵中建設で総務部長を務めていた西崎(近江谷太朗)だった。

西崎は隠し持ってきた蔵中建設の裏帳簿を舞と相馬に見せる。

そこには、白水銀行の「真藤毅」名義の口座に一億円を振り込んだことが記されていた。

賄賂を受け取っていたのは真藤常務(生瀬勝久)。衝撃の事実に舞の心が揺れる。

果たして、事件の真相は? 東京第一銀行最大の危機に、舞と相馬が立ち向かう・・・。

以上が、花咲舞が黙ってない あらすじ 最終回の紹介でした。

「花咲舞が黙ってない」の最終回の放送は22時00分〜23時10分までの拡大スペシャルです。

杏さんファンの方はお見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。